公益社団法人 清瀬市シルバー人材センター

清瀬市は、東京都の中部北端に位置し、北は埼玉県に接し、武蔵野のたたずまいを残しております。
 1950年頃までは農業と医療の町でしたが、その後人口が増加し、現在は首都圏の近郊住宅都市として発展しています。
 事業の特色としては、市内に病院が多く企業が少ないため、一般家庭からの需要が多く、受託件数から見ると全体の90%を占めています。
 また、平成6年11月より開始したリサイクル事業(家具・自転車)は、高齢者の社会参加と就業機会の拡大、資源の有効利用及びゴミの減量化を図り、市民から大変好評を得ています。