平成30年度 傷害事故・賠償事故・その他の事故対応一覧

 ★傷害事故

事故月 事 故 内 容 考えられる主な原因   安全管理委員会の対応策指導   
6月  就業後帰宅中、公園のトイレを借りるため歩道に
 乗り上げた際、段差にタイヤを取られ、尻もちを
 つく形で転倒した。
 歩道への進入角度があま
 かったため。
 ①歩道へ入る前は十分注意すること。
 ②作業別安全基準・安全10ケ条の尊守。
 
11月
  二人で本棚を持って移動中、お客様宅玄関の入り
  口の段差(L字型)に気付かず、転倒し腰骨を
 骨折した。
 後ろ向きで移動していた
 ため。
 ①家具等をかかえての移動の際は足元を
  よく確認すること。
 ②作業別安全基準・安全10ケ条の尊守。

12月
 
 保育園の就業を終え帰宅途中に川辺で橋に出る
 直前、自転車の前タイヤが何かにつまづき転倒
 した。転倒の際、身体が自転車より前方へ飛び、
 転倒したことから、気付くと身体の上に自転車
 がのっていた状態だった。一度は家に帰ったが、
 眼の周りを含め顔面の腫れが酷くなり、自分で
 救急車を呼び病院に行った。 
 薄暗くて、障害物を確認
 出来なかったため。 
 ①明るい道を通るようにすること。
 ②作業別安全基準・安全10ケ条の尊守。

 ★賠償事故

事故月 事 故 内 容 考えられる主な原因 安全管理委員会の対応策指導
 8月  刈払機を使用し除草作業中に、飛び石で信号待ち
 している車の運転席側の窓ガラスを破損した。
 周囲にブロック塀や鉄製の柵があり、車道に背を
 向け作業をしていたため、養生はしていなかった。
 破損に気付かず車から降りてきた運転手に声を
 かけられ見に行き破損していることが分かった。
 段ボ-ルやシ-トを使っての
 養生が不十分であった。
 他のメンバーは手刈のため
 刈払機は一人で使用して
 いた。
 ①刈払機を使用する時は飛び石に注意し
  確実に養生すること。
 ②作業別安全基準・安全10ケ条の尊守
10月   刈払機を使用して除草作業中飛び石でマンション
 1Fのテラスのガラスを破損した。マンションまでは
 距離があり飛散する可能性はないと思い、養生は
 してなかった。破損に気付かず被害者より通報が
 あり、破損していることがわかった。
  シートや網を使っての養生が
 不十分だった。
  ①刈払機を使用する時は飛び石に注意し
  確実に養生すること。
 ②作業別安全基準・安全10ケ条の尊守
10月   刈払機の刃が切れなかった為、地面にこすりつけた
 ことにより、小石が飛びガラスを破損した。
 ダンボールの養生はしていた
 が、ガラスまで距離があった
 為ベニア板は使用していな
 かった。.
  ①刈払機を使用する時は飛び石に注意し
  確実に養生すること。
 ②作業別安全基準・安全10ケ条の尊守

H31
2月
 
 駐輪場ガレージの奥に屋根付きの駐輪場設置の為、
 地中に支柱を立てようとしていた。図面を確認し、
 手作業で支柱用の穴を掘っていたところ、想定して
 いなかった位置に水道管があり工具が接触し破損
 したため水漏れした。
 想定していなかった位置に水道
 管があったため。  
 ①図面で確認後、手作業中でも数回に
  わたり、水道管の位置を確認すること
 ②作業別安全基準・安全10ケ条の尊守